雑学

出雲大社の読み方はガセだった!?正しい読み方を知って自慢しよう!

izumo 1405172 1280 660x400 - 出雲大社の読み方はガセだった!?正しい読み方を知って自慢しよう!

日本人ならば伊勢神宮と並んで一度はいってみたい神社といえば「出雲大社」だと答える方は多いのではないでしょうか?

さて、皆様、「出雲大社」ですが。

この「出雲大社」についての皆様の認識に対して一つ質問させてください。

「出雲大社」・・・

なんと呼んでいますか?

まさか。

「いずもたいしゃ」ですか!?

実は皆が「出雲大社(いずもたいしゃ)」という読み方ですが。

実はガセだったと聞けばどう感じるでしょうか?

本日は「出雲大社」の読み方がガセだった!?

っという巷でちょっとした話題になっている件について検証してみましょう。

スポンサードリンク


「出雲大社」の正しい読み方は!?

「出雲大社」の正しい読み方ですが。

「いづもおおやしろ」と読みます!
2017 05 30 22.32.15 300x223 - 出雲大社の読み方はガセだった!?正しい読み方を知って自慢しよう!

2017 05 30 22.32.27 300x78 - 出雲大社の読み方はガセだった!?正しい読み方を知って自慢しよう!

ちょっと言いづらくはありますが・・・

ただ、「いずもたいしゃ」という読み方が今まで「ガセ」だったのかというとそうでもなくて。

出雲大社の職員さんも電話に出た際は言いやすさから「いずもたいしゃ」です。

っと応える職員さんも多いのだそうです。

そういった事実からもわかるように今となっては実は「いずもたいしゃ」が一般的な市民権を得てもいます。

ただ、ここは豆知識として「出雲大社(いづもおおやしろ)」と言うということを知っていると結構、周りから尊敬の眼差しで見られることもあるかもしれないので覚えておきましょう。

スポンサードリンク


「いずもおおやしろ」がネットでかなりの話題になっている。

かなり皆さん出雲大社の読み方に衝撃を受けているご様子ですね!

まとめ

今回の話題をまとめると「出雲大社」の読み方はガセと言うわけではないが「いずもおおやしろ」と読むこと。

明治までは「杵築宮(キズキノミヤ)」と呼ばれていたといったことなど現代人がまったくしらない「出雲大社」にまつわるネタを知ることができて良かったと思います。

このネタを知ってしまったが故により出雲大社に行きたいと感じた人も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク


グルテンフリーとは何なのか?専門のレストランも登場していてこれから注目!

スーツのクリーニング期間、頻度はどれぐらいが最適なのか?エチケットの常識を知っておこう!

関連記事

  1. magic cube 1976725 1280 150x150 - 家で一人の時はどんな暇つぶしをするのか?その方法を挙げてみた! 家で一人の時はどんな暇つぶしをするのか?その方法を挙げてみた!
  2. IMG 7300 150x150 - ヒアリの天敵は日本の蟻!?ゾンビバエは日本に生息しているのか? ヒアリの天敵は日本の蟻!?ゾンビバエは日本に生息しているのか?
  3. money 1934037 1280 150x150 - デート代は割り勘にしたい!全額出すのはきついと感じた時の対処法は!? デート代は割り勘にしたい!全額出すのはきついと感じた時の対処法は…
  4. selfie 429449 1280 150x150 - 落とせる女の見分け方とは?すぐ彼女になる女性の特徴5選! 落とせる女の見分け方とは?すぐ彼女になる女性の特徴5選!
  5. bangkok 1128314 1920 150x150 - 大安・仏滅の意味とは?カレンダーに表記されている理由が面白い! 大安・仏滅の意味とは?カレンダーに表記されている理由が面白い!
  6. shrine 1030446 1920 150x150 - 皇太后と皇后の違いとは?上皇后とはまた違うのか? 皇太后と皇后の違いとは?上皇后とはまた違うのか?
  7. black 1513894 1280 150x150 - イケメンの条件を3つ挙げるとしたら何!?モテる為に知っておきたい事。 イケメンの条件を3つ挙げるとしたら何!?モテる為に知っておきたい…
  8. IMG 7237 150x150 - 上皇とは?簡単にわかりやすく説明できるようにしておきたい。 上皇とは?簡単にわかりやすく説明できるようにしておきたい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理者:みやびん



とある人材紹介エージェントで勤務しております。

主に営業系・事務系、医療系専門職の方のご転職を支援させて頂くことが多いです。

このブログではそんな経歴を活かして「働き方」のお話だったり自分の趣味について気になった事を発信して行きたいと考えています。

登場人物

メンズ進次郎


20代の意識高い系メンズ。

物知りだがとんがった性格で色々な物事を斜めから見る習性があるのでみやびんも手を焼いている。

メンズ子


博学だが世間しらずなので色々と苦労している。これから世の中の色々な事を知りたいと思っている。

PAGE TOP